おいしいシシャモの食べ方

サラリーマンの雑記

2019-12-13から1日間の記事一覧

限りなく透明に近いブルー/村上龍 薬物中毒者の若者たちの生活を描き続けるだけのお話

ネタバレも含みます。 ただ、バレて困るものはないと思います。 1976年の小説です。 村上龍の処女作で、芥川賞とかとってて。 タイトルがかっこいいことでも有名ですよね。 僕は初めて読みました。 この小説はどういう話なんだ、って思いながら読むページ数…