【R18】初めて射精したときの話

汚い描写はないと思いますが、タイトルにある通りの話なので少しでも嫌な人は読まないほうがいいです。

f:id:mugi_no:20190908145057p:plain

小学生高学年の頃。3個下の弟と毎日二人でお風呂に入ってました。風呂釜の給湯蛇口におちんちんを当て、「見て見て、育ってきた」とか言ってたことを覚えてます。育て、見せて、ゲラゲラ笑うのが日常でしたが、ある日の夜、いつも通り育てていると、股間に猛烈な違和感を覚え、なにが起きたかわからないまま、ただやばいという反射的行動でおちんちんを粉々に砕く勢いで思い切り握りつぶしました。たぶん3,4分くらい。これが初めて射精した瞬間だったのだと気付くのは、結構遅くて、中学2,3年の頃です。その瞬間の感覚は、「おちんちんが無限に大きくなってしまう」というものでした。小学生当時の価値観では、ちんげが生えていること、おちんちんが大きいこと、この二つはとても恥ずかしいことであり、「おちんちんが無限に大きくなってしまったら林間学校でお風呂に入るときやばい」、というところまで、おちんちんを握りつぶす3,4分で思いを巡らせていました。このことは誰にも言えず、ひっそりお風呂を上がり、ひっそり自室でおちんちんを確認すると、先端がドス紫色になっていました。皮の上から見ても、どこから見てもドス紫色です。当時は握りつぶしすぎた結果かと思っていましたが、今にして思えば、数億のあいつらが行き場をなくし管路内で暴発していた結果かと思うと、とてつもなく恐ろしいです。機能障害が出なくてよかった。そのドス紫おちんちん状態(通称さつまいもシンドローム)は一ヶ月くらいで自然治癒することになるのですが、あのとき感じた「無限に大きくなってしまう」という危機感、おちんちんを握りつぶす3,4分間の緊迫感、激痛、風呂上がりにさつまいもシンドロームに陥ったドス紫おちんちんを見たときの衝撃、全てはっきり覚えています。流石にこれから初めてを迎える人はこれを読んでいないと思いますが、自分に息子が出来たときや甥っ子が出来たとき、風呂場に育てやすそうな蛇口があったら念の為気に留めておいてください。さつまいもシンドロームは最悪機能障害を起こします。思い出話でした。