おいしいシシャモの食べ方

サラリーマンの雑記

日本を救ったのは居場所のない純粋な異常者集団 半島を出よ/村上龍

f:id:mugi_no:20200405105646j:plain

2005年に刊行された村上龍さんの作品。

文庫本で上下巻合わせ1000P、ボリュームたっぷり。

 

あらすじ

経済が破綻し外交に失敗し落ちぶれた日本に、北朝鮮のコマンドーが侵攻してくる数日間のお話。日本政府、北朝鮮の侵略軍、そして福岡を拠点にする異常者集団、それぞれの視点で物語が進んでいく。

 

平和ボケした日本への問題提起

作中、日本政府は終始機能しません。人の命を失うのは嫌だ、戦うことも嫌だ、どちらかを選択しなきゃならない状況でどちらも選択しません。アメリカも助けてくれない。その様子が、少なくとも政治や歴史に詳しくない立場で見ると、すごくリアルで、問題提起としてデモ活動の何百倍も感じるところがありました。強い思想をもった人がその思想を訴える手段として、小説や映画のフィクションってかなり効果的なんじゃないかと思いました。どんな風に描いても、フィクションだから、で終わりだし。

 

日本を救ったのは純粋な異常者集団

緊迫する日本政府、北朝鮮侵攻軍視点での話の中、一見どう絡んでくるのかわからない、異常者集団の話がはさまってきます。カリスマ性のある頭クルクルパーのおじさん、その元に集まった異常な若者達という集団で、福岡の大きな倉庫を拠点としてゆったりした生活を送っています。ほとんどの若者が過去に大きな犯罪を犯していて、同級生を殺してバラした少年や、車掌を斬りつけて殺した少年、会社に自爆テロを起こした親の子供等。しかし彼らに明確な悪意はなく、純粋に壊れてしまった子供達であるため、読んでいても嫌悪感が湧いてきません。そして物語中盤から、彼らは北朝鮮の侵攻軍を壊滅させるため、軍が占拠する超高層タワーに侵入、各階の柱に爆弾を設置し、倒壊させるという作戦に動きます。その中で仲間を失い涙し、悲しみを初めて他者と「共有」し、命がけの作戦を遂行していく中で初めて他者と「協力」するという感覚を知り、誰ともわかり合えない彼らが最初で最後、集団として機能します。終盤の殺すか殺されるかという緊迫感、1人ずつ仲間が欠けていく悲壮感、読んでいて本当に息が詰まります。

カネシロが作戦の最後に使うはずだった遠隔からの起爆装置の配線を切り、自分がこの手で起爆させるから早く建物を出ろと仲間に脱出を命じるシーン。敵軍の死体にまみれたその場所が自分にとって最高の場所だと悟り、それ以上が存在しない世界に生き続ける意味はないと、その場所で自分ごとすべてを終わらせることを決意。脱出のため仲間に与えた5分間という時間、何故5分間かという問いに対する「美しい時間は短いものに決まってるだろ」というクールな回答。そのへんの問答が睾丸にきました。

 

この本は~

映画を見ているようでした。

社会の中では普通に生きられなかった若者たちが、個々の壊れた特性を活かして協力する様がかっこいい。

すべての戦いが終わった数年後、異常者集団の生き残りの青年が3人。拠点としている倉庫に立ち入った何も知らない少年が、「あの事件はおじさんたちがやったって本当?」と聞きますが、生き残りの青年はただ「バカ」とだけ答え、そして「話したがらない人には何も聞くな」と諭すくだり。別の生き残りの青年の指に刻まれた、あの日失った仲間達の名前。本意ではなくとも日本を救っておきながら、昔と変わらない倉庫の中で、はみ出しものとして何でもない生活を続けていく。

情報量が多すぎて一回読んだだけじゃ整理しきれなかったけど、とにかく面白かった。