おいしいシシャモの食べ方

サラリーマンの雑記

青信号を渡るとき、僕を轢くギリギリを攻めて右折してくる車が大好きです

自分が歩行者で、青信号の横断歩道を渡るとき。

向かい側から右折してくる車がいるとします。

 

f:id:mugi_no:20200210212307p:plain

 

僕はこういう状況で、自分を轢くギリギリを攻めて右折してくる車が一番好きです。

こちらは歩みを止めることなく、向こうもアクセルを緩めることなく、スレッスレでお互いが交差した時、見知らぬドライバーとの阿吽の呼吸に快感すら覚えます。

しかし実際にはその様な攻めた運転を目にすることはごく稀です。良くない例を挙げてみます。

 

良くない例1 歩行者を待つ車

おそらく最も常識的なケースではあることはわかっているものの、申し訳ありませんが0点です。

f:id:mugi_no:20200210212449p:plain

(イラストは、横断歩道を上から見ている視点です。)

自分のために止まられてしまうと、待っている車のために小走りをする必要があります(最低限のモラルを持っているため)。

親切の押し売りで無理矢理加速させられた上に、親切そうな顔でこちらを見るドライバーに対して会釈をしなくてはなりません(最低限のモラルを持っているため)。

 

良くない例2 歩行者を轢こうとする車

良くない例として挙げるまでもなく、良いわけがない例ですが。

危険な運転、こっちがビクッと反応して止まることを強いられるほど、攻めてくるケース。

これは良くないです。10点です。

f:id:mugi_no:20200210212948p:plain

ドライバーが親切に止まってくれる例1が0点で、ドライバーが轢こうとしている例2が10点であることに、違和感を覚える方もいるかもしれませんが、きちんと理由があります。

ドライバーが親切に止まってくれる例1は、止まった車が時間を損します。そして不本意に加速した歩行者は体力を損します。どちらも損しているのです。

ドライバーが轢こうとしている例2は、車は止まりません。代わりに歩行者が止まります。歩行者にしてみればフザケンナの一言ですが、車にしてみれば止まる時間が省かれているだけ、全体で見れば例1よりはマシなのです。

 

良くない例3 歩行者を轢く車

これは本当に良くない。

f:id:mugi_no:20200210213321p:plain

 

良い例

右折してくる車の理想的な動きは、こうです。

f:id:mugi_no:20200210213534p:plain

ギリギリを攻める。

歩行者を止まらせない、かつ、加速をさせない。

どうですか。

まるで無駄がありません。

互いに見知らぬ歩行者とドライバー、一期一会のシマウマ道路で築かれる刹那の信頼関係。

これが100点のケースです。

 

おわりに

今日外を歩いていたら、久々にものすごく攻めてくれる車がいてね。

スレッッスレ。まさに阿吽の呼吸って感じで。

嬉しくなって、こんなことを書きました。

お互い攻めすぎて、実は右足の先っぽ少し轢かれてたんだけどね。

ドライバー気付いてなかったみたいだし、ご愛嬌ということで。

f:id:mugi_no:20200211103158p:plain

 

 

 

 

 

投稿してから気付いたけど、右折右折言っておきながらどの車も左折してるね。

書き直す元気はないけど。

www.mugino.com